天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・下鴨神社で蹴鞠初め/平安の貴族姿で優雅に

2019/01/04 16:26

 伝統衣装をまとい、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社
 伝統衣装をまとい、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

 平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」が4日、京都市左京区の下鴨神社で行われた。烏帽子や水干などの伝統衣装をまとった男女が、地面に落ちないよう鞠を蹴り合い、優雅な足さばきを披露した。

 蹴鞠保存会のメンバーが8人一組の輪になり、15メートル四方の「鞠庭」で、「アリ」「ヤア」「オウ」と声を掛けながら、シカの革を縫い合わせた鞠を右足だけで回し合った。蹴り合いが長く続くと、集まった大勢の参拝者から拍手と歓声が上がった。

 蹴鞠は、飛鳥時代に中国大陸から仏教とともに伝わったとされる。保存会は明治天皇の勅命で設立された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.