天気予報を見る
 
新聞購読申込

和歌山・那智勝浦でマグロ初市/18トン水揚げ、港に活気

2019/01/04 10:33

 和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場で行われたマグロの初市=4日朝
 和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場で行われたマグロの初市=4日朝

 はえ縄漁による生鮮マグロ水揚げ量が国内有数の和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場で4日、初市が行われた。近海で操業していた高知の漁船3隻がメバチ、キハダ、ビンチョウの計約18トンを水揚げし、約100人の仲買人が集まり活気づいた。

 仲買人は尾の切り口や腹などを見て肉質を確認。競り落とされたマグロは専用の箱に氷詰めされ、近畿や東海、関東地方へ出荷された。

 和歌山県漁業協同組合連合会勝浦市場の参事役太田直久さん(55)は「初市の水揚げ量は例年より少なかったが、鮮度がいい物が揚がった。これからシーズンを迎えるので多くの漁獲を期待したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.