天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・伏見稲荷でさい銭開き/「福よ来い」願う

2019/01/04 10:28

 京都市の伏見稲荷大社で、正月三が日のさい銭を勘定する銀行員=4日午前
 京都市の伏見稲荷大社で、正月三が日のさい銭を勘定する銀行員=4日午前

 商売繁盛の神様として知られる京都市伏見区の伏見稲荷大社で4日、正月三が日に集まったさい銭を勘定する恒例の「さい銭開き」が始まった。

 白衣姿の銀行員が社務所で、白い布の上にさい銭を広げると「29451(福よ来い)」「11104(いい年)」など、縁起の良い語呂合わせの金額を書いた小切手や外国の紙幣も交じっていた。

 伏見稲荷大社によると、銀行員が紙幣や小銭に分け、数日かけて集計する。大社の担当者は「今年は天候に恵まれ、多くの人に参拝していただいた。実りのある希望に満ちた年になるように祈念します」と話した。総額や三が日の参拝者数は公表しない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.