天気予報を見る
 
新聞購読申込

おもてなしの考え広める/「幻の東京五輪」文章発見

2018/12/15 07:13

 大江スミさんが東京家政学院の学友会誌に寄稿した「改むべき事ども」と題した文章
 大江スミさんが東京家政学院の学友会誌に寄稿した「改むべき事ども」と題した文章

 戦争の影響で開催を断念した1940年の「幻の東京五輪」を前に、街の美化や外国人への接し方などを説いた文章が見つかった。筆者は家政学の先駆者で東京家政学院(現東京家政学院大)の創立者、故大江スミさん(1875〜1948年)。関係者は「おもてなしの考えは、2020年東京五輪・パラリンピック大会に生かせるものだ」と評価する。

 見つかったのは、1940年夏季五輪の開催地が東京に決まってから約5カ月後の36年12月、同学院の学生が発行した学友会誌に大江さんが寄稿した「改むべき事ども」と題した文章。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.