天気予報を見る
 
新聞購読申込

雪に触れたい訪日客急増中/ガーラ湯沢、シーズン入り

2018/12/15 06:55

 タイ語などを盛り込んだガーラ湯沢スキー場の案内表示=11月、新潟県湯沢町
 タイ語などを盛り込んだガーラ湯沢スキー場の案内表示=11月、新潟県湯沢町

 通訳(左端)付きのスキーレッスンを受ける外国人客ら=2017年5月、新潟県湯沢町(ガーラ湯沢提供)
 通訳(左端)付きのスキーレッスンを受ける外国人客ら=2017年5月、新潟県湯沢町(ガーラ湯沢提供)

 今冬のスキーシーズンが到来した。新潟県湯沢町の「ガーラ湯沢スキー場」では15日、営業を開始。1990年に開業し、バブル崩壊で一時減少した同スキー場の入場客は近年、雪が降らないタイや台湾が訪日客の半数を占め、V字回復を支える。今季はバブル期に迫る35万人を集めることが目標だ。

 「あっという間に雪」というキャッチフレーズ通り、東京駅から最速で75分。ガーラ湯沢はJR東日本が、上越新幹線でゲレンデ直結のガーラ湯沢駅に到着することを売りに開発した。駅構内に並ぶのはロッカーやスキー用具のレンタルコーナー。看板や案内表示には英語や中国語に加え、タイ語もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.