天気予報を見る
 
新聞購読申込

ケーブルカー、新旧車両入れ替え/南海高野山駅、作業を公開

2018/12/07 17:09

 高野山ケーブルカーの旧車両に読経する金剛峯寺の僧侶ら=7日、和歌山県高野町
 高野山ケーブルカーの旧車両に読経する金剛峯寺の僧侶ら=7日、和歌山県高野町

 世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の玄関口、南海電鉄高野山駅で7日、高野山ケーブルカーの新旧車両の搬出入作業が報道陣に公開された。

 ケーブルカーは同駅と南海高野線の終点・極楽橋駅間の約800メートルを5分で結ぶ。1964年から運行してきた3代目の車両が先月引退し、新型車両に必要な設備工事が進められている。

 この日は午前に社員らが見守る中、54年間で延べ約5700万人の参詣客らを運んだ旧車両(約11トン)を大型クレーンでつり上げて搬出し、トレーラーに載せた。午後には白い車体保護カバーをかぶったスイス製の新型車両(約9・3トン)をつり上げ、線路上に下ろした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.