天気予報を見る
 
新聞購読申込

ギャンブル依存症の対応策チラシ/消費者庁「借金肩代わりで悪化」

2018/11/16 16:30

 消費者庁は16日、7月に成立したギャンブル依存症対策法を受け、依存症に陥りやすい若者への対応策をまとめたチラシを作成し、発表した。「ギャンブルで負った借金を誰かが肩代わりすると、本人が依存症に向き合わなくなるため、症状を悪化させてしまう」などと注意点を示している。

 同庁は、新社会人や大学の新入生が、不慣れな新しい環境に適応できず、ギャンブル依存症に陥りやすくなると指摘。

 注意点として、借金肩代わり以外に(1)依存症は性格に関係なく誰でもなりうる(2)一度陥ると気合や根性では抜け出せない―などを挙げている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.