天気予報を見る
 
新聞購読申込

ランニングポリスでマラソン警戒/東京五輪見据え、警視庁

2018/10/21 16:08

 一般ランナーと一緒にコースを走る「ランニングポリス」=21日、東京都の荒川河川敷
 一般ランナーと一緒にコースを走る「ランニングポリス」=21日、東京都の荒川河川敷

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックを見据え、警視庁赤羽署などは21日、東京都の荒川河川敷周辺で開催された「第47回タートルマラソン国際大会」で、警察官が参加者と一緒にコースを走る「ランニングポリス」を実施して警備警戒に当たった。

 同大会には近隣住民や障害者ら約1万人が参加し、赤羽署や千住署、西新井署の警察官約25人もハーフマラソンや10キロランなど各部門で出走。「警視庁」や「テロ警戒実施中」と書かれたゼッケンやたすきをつけ、ランナー視点で不審者などに注意を払いながら走った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.