天気予報を見る
 
新聞購読申込

南座の大入り願う「まねき書き」/11月に新開場、顔見世興行

2018/10/11 10:58

 南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された、歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」=11日午前、京都市
 南座の「吉例顔見世興行」を前に公開された、歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」=11日午前、京都市

 南座(京都市東山区)で11月から始まる「吉例顔見世興行」を前に、出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」が11日、京都市左京区の妙伝寺で報道陣に公開された。

 書家の井上優さん(73)が、ヒノキ板(長さ約1・8メートル、幅約30センチ)に、襲名披露を行う松本白鸚さんらの名前を丁寧に書き上げた。太く丸みを帯びた「勘亭流」という独特の書体で「劇場に隙間なく客が入るように」と大入りへの願いが込められている。

 耐震改修工事を終えた南座は、11月1日からの吉例顔見世興行で再び開場。看板は10月25日の「まねき上げ」で正面に飾られる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.