天気予報を見る
 
新聞購読申込

障害者が「分身ロボット」で接客/重度でも遠隔操作

2018/09/11 08:36

 重度障害者による遠隔操作で給仕する分身ロボット「OriHime―D」=8月、東京都港区
 重度障害者による遠隔操作で給仕する分身ロボット「OriHime―D」=8月、東京都港区

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者など重度障害者らが「分身ロボット」を遠隔操作して接客するカフェが11月、東京・赤坂にオープンする。障害で外出が困難な人にも働く機会をつくりたいと、ロボット開発のオリィ研究所(東京)や日本財団などが企画した。

 12月の障害者週間に合わせた期間限定の試みだが、東京五輪・パラリンピックに向け常設店のほか、企業での採用を目指す。

 分身ロボットは高さ約120センチ、重さ約20キロの人型。額にあるカメラが捉えた映像が離れた場所にあるタブレット端末などに映し出され、障害者が端末を操作して動かし会話もできる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.