天気予報を見る
 
新聞購読申込

近畿初の新型車両公開、JR西/IC改札機搭載

2018/09/08 11:04

 報道公開されたJR西日本の新型車両227系=8日午前、大阪府吹田市
 報道公開されたJR西日本の新型車両227系=8日午前、大阪府吹田市

 JR西日本は8日、来春から桜井線(奈良―高田)と和歌山線(王寺―和歌山)を走る新型車両227系を、大阪府吹田市の吹田総合車両所で報道公開した。近畿地方で初導入。車内にIC改札機が設置され、無人駅やワンマン列車利用者の利便性向上が期待される。

 奈良、和歌山両県に共通した自然の奥深さなどを表現した緑色を車体やシートに使った。JR西日本車両部の林太郎担当課長は「長く利用者に親しんでもらいたい」と話した。

 JR西によると、56両を2020年春までに順次導入し、車載型IC改札機の利用も開始する。同社は来春、両線に先立ち鳥取県の境線でIC改札機を運用する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.