天気予報を見る
 
新聞購読申込

米国の「コナン」が鳥取訪問/名探偵が運んだ縁

2018/09/06 19:45

 鳥取県北栄町を訪れ、松本昭夫町長(左)とコナン像の前でポーズをとるコナン・オブライエン氏=6日午後
 鳥取県北栄町を訪れ、松本昭夫町長(左)とコナン像の前でポーズをとるコナン・オブライエン氏=6日午後

 米国の大物司会者でコメディアンのコナン・オブライエン氏(55)が6日、漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌氏の出身地、鳥取県北栄町を訪れた。オブライエン氏が自身の番組内で、「コナン」と北栄町を紹介したのがきっかけ。松本昭夫町長は「コナンが運んで来てくれた縁」と喜んだ。

 8月下旬、オブライエン氏は自身のトーク番組「CONAN(コナン)」でコナン像などがある北栄町を「コナンタウン」として紹介。名前が同じで、自身のおかげで人気が出たとして「3兆円の賠償金を払え」とジョーク交じりに発言し、町はフェイスブックで「お金が欲しければ町へ来てください」と発信していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.