天気予報を見る
 
新聞購読申込

都内に体験型施設「英語村」開業/まるで外国、生きた英語学ぼう

2018/09/06 13:02

 体験型施設「英語村」のオープニングセレモニーであいさつする東京都の小池百合子知事=6日午後、東京都江東区
 体験型施設「英語村」のオープニングセレモニーであいさつする東京都の小池百合子知事=6日午後、東京都江東区

 外国にいるような環境で、小中高校生らが生きた英語を学び、その後の学習につなげる体験型施設「英語村」が6日、東京都江東区に開業し、オープニングセレモニーが開かれた。

 施設名は「TOKYO GLOBAL GATEWAY」。都教育委員会が開設を決め、教育関連業者が運営する。都教委によると、都道府県がこうした施設を開設するのは珍しいという。

 セレモニーには小池百合子知事も参加し「ここで英語を楽しんで学び、国際的な人材がどんどん育っていってほしい」と期待を込めた。

 都教委によると、4万7千人が予約しているほか、修学旅行で使いたいとの問い合わせも多いという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.