天気予報を見る
 
新聞購読申込

国内最大の恐竜化石を報道公開/全長8メートル、北海道むかわ町

2018/09/05 03:00

 岩などから取り出す作業を終え、報道陣に公開されたハドロサウルス科恐竜の化石。頭から尾までの全長は8メートル超とみられる=4日午後、北海道むかわ町
 岩などから取り出す作業を終え、報道陣に公開されたハドロサウルス科恐竜の化石。頭から尾までの全長は8メートル超とみられる=4日午後、北海道むかわ町

 北海道むかわ町の山中で見つかったハドロサウルス科恐竜の化石を調べている北海道大総合博物館とむかわ町穂別博物館の研究グループは4日、化石を岩などから取り出す作業が終わったとして、町内の施設でほぼ全身の骨格を報道公開した。頭から尾までの全長は推定8メートル超で、国内で見つかった恐竜の全身骨格では最大としている。

 化石は2003年、約7200万年前(白亜紀後期)の地層で見つかった。

 北大総合博物館の小林快次准教授は「日本の恐竜研究史における最大の発見。全貌を目の当たりにできるのは大きい」と意義を強調した。新種の可能性もあるといい、さらに分析して論文にまとめる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.