天気予報を見る
 
新聞購読申込

交差点の“UFO”一新へ/宮城の信号機、老朽化で

2018/09/04 05:25

 仙台市内に設置されている「懸垂型交通信号灯器」=8月17日
 仙台市内に設置されている「懸垂型交通信号灯器」=8月17日

 緑や赤のライトで四方を照らす未確認飛行物体(UFO)が、交差点の真ん中に浮いているように見える―。宮城県の通称「UFO型信号機」が、老朽化に伴い今後一新される。4方向に向けた車両用、歩行者用の信号すべてを一つにまとめた珍しいタイプだが、交通量の減少で撤去される可能性もあり、今後も存続するかは不透明だ。

 正式名称は「懸垂型交通信号灯器」で、道路脇の柱から交差点の中央へアームを伸ばし、交差点のどの方向からも見えるよう信号をつるしている。1979〜86年に設置された。道路が狭く、複数の柱を設置するのが困難な交差点に付けるために工夫された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.