天気予報を見る
 
新聞購読申込

玩具カッターに本物混入/ダイソーが販売、自主回収

2018/09/03 16:38

 カッターナイフに似せた玩具(右)と混入していたカッター(大創産業提供)
 カッターナイフに似せた玩具(右)と混入していたカッター(大創産業提供)

 100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)は3日、カッターナイフに似せた玩具の商品に本物のカッターが混入していたとして、自主回収すると発表した。これまでにけがの報告はないという。

 商品はパーティーなど向けの「ドッキリ!カッター」(108円)で、刃を模倣した金属製部分の中央部のくぼみに指を置くと切れたように見える仕掛け。実際に刃は付いていない。昨年1月に発売後、約16万個を売り上げた。日本のメーカーに生産委託し、中国で製造されたという。

 大創産業はこの商品の販売を停止し、原因を調査している。問い合わせは、電話(0120)152206。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.