天気予報を見る
 
新聞購読申込

南紀白浜でブルーインパルス舞う/空港開港50周年

2018/09/02 15:55

 白良浜上空でアクロバット飛行を披露する航空自衛隊のブルーインパルス=2日、和歌山県白浜町
 白良浜上空でアクロバット飛行を披露する航空自衛隊のブルーインパルス=2日、和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町にある南紀白浜空港の開港50周年を記念した航空ショーが2日、同町の白良浜であった。航空自衛隊のブルーインパルスが上空でアクロバット飛行を披露し、浜を埋めた観客を楽しませた。

 ショーは午前10時45分に始まり、約20分間、6機がスモークを出しながら編隊を崩さず一定の速度で飛行したり、大きなハートを描いたりすると、観客から大きな拍手や歓声が上がった。

 同空港は1968年4月に県が開港。現在は日本航空が東京(羽田)との間で定期便を1日3往復させている。ブルーインパルスの和歌山県での飛行は、2015年の国体以来になる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.