天気予報を見る
 
新聞購読申込

岡山の井原鉄道、全線運転再開へ/新ヘッドマークで復旧象徴

2018/09/01 16:04

 井原鉄道のヘッドマークのデザインを掲げる白井崇裕さん=岡山市
 井原鉄道のヘッドマークのデザインを掲げる白井崇裕さん=岡山市

 西日本豪雨の影響で岡山県倉敷市真備町地区などを走る区間が運休していた井原鉄道(同県井原市)が3日の始発から、2カ月ぶりに全線で運転を再開する。復旧のシンボルとして新たに掲げられるヘッドマークをデザインした岡山市中区の写真家白井崇裕さん(34)は「沿線の被災者にヘッドマークを見てもらい、復興を応援できればうれしい」と話している。

 総社(岡山県総社市)―神辺(広島県福山市)間を運行する井原鉄道井原線は、7月9日まで運休。10日には三谷(岡山県矢掛町)―神辺間で運転を再開したが、電気系統が浸水した他の区間ではバスによる代行輸送を余儀なくされていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.