天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・大谷祖廟で万灯会始まる/先祖しのぶ1万の明かり

2018/08/14 20:21

 東本願寺・大谷祖廟で始まった盆の風物詩「万灯会」=14日夕、京都市
 東本願寺・大谷祖廟で始まった盆の風物詩「万灯会」=14日夕、京都市

 墓前につるした約1万個のちょうちんをともす京都の盆の風物詩「万灯会」が14日、京都市東山区の東本願寺・大谷祖廟で始まった。お参りに訪れた家族連れは静かに手を合わせ、先祖をしのんだ。

 午後6時ごろ明かりがともり始め、市街地を見下ろす墓地は温かい光に包まれた。今年は、一部に発光ダイオード(LED)の電球を使用し、ソーラーパネルで発電した電気で点灯させた。

 真夏の暑い時期、涼しい夜にお参りができるよう、境内に参拝者の足元を照らすちょうちんをともしたことが始まり。16日までの3日間で、約5万人の参拝を見込んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.