天気予報を見る
 
新聞購読申込

宝くじ、売上8千億円割れ/ジャンボ不振で20年ぶり

2018/08/14 19:02

 宝くじ売上額の推移
 宝くじ売上額の推移

 年末ジャンボ宝くじを買う男性=2017年11月27日、東京・銀座の西銀座チャンスセンター
 年末ジャンボ宝くじを買う男性=2017年11月27日、東京・銀座の西銀座チャンスセンター

 宝くじの2017年度の売上額が前年度比6・9%減の7866億円にとどまり、20年ぶりに8千億円を割り込んだことが14日、総務省の集計で分かった。全体の4割を占めるジャンボくじの不振が影響した。売上額から当せん金や販売経費などを差し引いた収益金は10・5%減の2996億円だった。

 宝くじの売上額は05年度の1兆1047億円をピークに減少傾向で、関係者は「主な購入層だった中高年が年金受給者になり、自由に使えるお金が減ったためではないか」と分析している。

 5種類あるジャンボくじの売上額は13・1%減の3256億円だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.