天気予報を見る
 
新聞購読申込

古代叙事詩の粘土板発掘/ホメロス、ギリシャ最古か

2018/07/13 09:56

 ギリシャ西部オリンピアで発掘した粘土板に刻まれた、叙事詩「オデュッセイア」の歌の一部(ギリシャ文化省提供・AP=共同)
 ギリシャ西部オリンピアで発掘した粘土板に刻まれた、叙事詩「オデュッセイア」の歌の一部(ギリシャ文化省提供・AP=共同)

 【ローマ共同】ギリシャ西部オリンピアで、古代の詩人ホメロスの叙事詩「オデュッセイア」の一部が刻まれた粘土板が発掘された。3世紀ごろのものとみられ、ギリシャで発見された最古のオデュッセイアの記録である可能性があるという。同国文化省が12日までに明らかにした。

 ギリシャとドイツの研究チームが、ゼウス神殿の近くで遺跡発掘作業中に発見した。24歌で構成される長編叙事詩のうち、第14歌の一部が記されていた。

 オデュッセイアは紀元前8世紀ごろの詩人ホメロスの作とされている。トロイ戦争の後、英雄オデュッセウスが故郷に帰るまでの10年にわたる放浪の旅が記されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.