天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮島の大鳥居、大規模修理へ/来年6月から、損傷激しく

2018/07/11 17:33

 広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社の大鳥居
 広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社の大鳥居

 広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社は11日、海上に立つ大鳥居の大規模な修理を来年6月から始めると発表した。大鳥居の根元が海水にさらされており、損傷が激しいためで工事が完了するまでに約1年2カ月かかる見込み。足場を組み、一部をシートで覆うため景観が変わり、観光への影響も懸念される。

 国の重要文化財に指定されている大鳥居の高さは約16メートルで、満潮時には海上に浮かぶように見えることから世界遺産の象徴となっている。工事は大鳥居の主柱や袖柱を朱色に塗り直すほか、柱には樹脂加工を施して腐食を防ぐ。他に修理が必要な部分があるかどうかも調査する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.