天気予報を見る
 
新聞購読申込

淡い緑の光放つキノコが見頃/世界遺産目指す奄美大島

2018/05/17 05:38

 淡い緑色の光を放つシイノトモシビタケ=14日、鹿児島県の奄美大島
 淡い緑色の光を放つシイノトモシビタケ=14日、鹿児島県の奄美大島

 鹿児島県の奄美大島で、淡い緑色の光を放つキノコ「シイノトモシビタケ」が、朽ちたシイなどの木に生えて数センチの長さに育ち、見頃を迎えた。島北部の「奄美自然観察の森」が人気の観察スポットで、9月ごろまで楽しめる。近くには、世界自然遺産への登録を目指して日本政府が推薦している地域もある。

 シイノトモシビタケは、釣り鐘状のかさから柄まで全体が闇夜でうっすらと光る。地元で自然観察指導員を務める川畑力さん(39)によれば、今年はこれまでに雨が少なめだったこともあり、生えているのを最初に確認できたのは今月初め。例年と比べて、やや遅かったという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.