天気予報を見る
 
新聞購読申込

千葉・幕張に京葉線の新駅建設へ/JR東、費用協定

2018/04/20 18:16

 千葉市の幕張新都心に設置する、JR京葉線の新駅のイメージ(千葉県提供)
 千葉市の幕張新都心に設置する、JR京葉線の新駅のイメージ(千葉県提供)

 千葉県と千葉市、イオンモール(同市)でつくる協議会と、JR東日本は20日、同市の幕張新都心に京葉線の新駅を設置することで合意し、建設費の負担について協定を結んだ。予定地近くには「イオンモール幕張新都心」があり、市は新駅によって住民の利便性や買い物客の回遊性が増すと期待。早ければ2024年度中の開業を目指す。

 協定などによると、予定地は海浜幕張―新習志野のほぼ中間の同市美浜区浜田2丁目。駅舎の建設費は最大で約130億円を見込み、イオンモールが半分、残りを県と市、JR東が3等分して負担する。設計と工事はJR東が担う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.