天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

大阪府立校の4割強が校則見直し/頭髪指導改訂は25校

2018/04/16 18:52

 昨年、大阪府立懐風館高の女子生徒が生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らに強要され不登校になり府を訴えた問題を受け、府教育庁は16日、府立の全197校に校則や内規の見直しを指示した結果、4割強の90校が頭髪指導などのルールを改訂したとする調査内容を発表した。「茶髪」を「染色・脱色」の表現に改めるなどの見直しが見られたという。

 府教育庁によると、調査は昨年12月〜今年3月に実施。各校に校則や内規の点検と必要に応じた見直しを指示し、全校が回答した。校則を新たに作成もしくは改訂したのは68校で、うち25校が頭髪に関する部分を見直した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.