天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・祇園祭、今年もクラウドで/ごみ処理や警備資金募る

2018/04/16 18:16

 記者会見する山鉾連合会の岸本吉博理事長=16日午後、京都市
 記者会見する山鉾連合会の岸本吉博理事長=16日午後、京都市

 京都・祇園祭の山鉾巡行を担う山鉾連合会は16日、昨年に続き、今年もインターネット上で小口資金を募る「クラウドファンディング」を始めた。警備やごみ処理費用に充てる。目標額は300万円で、6月15日まで。

 初実施した昨年は1209人から計1379万3千円を集め、話題を呼んだ。連合会によると、近年、警備やごみ処理費が増大。ごみ減量のためにボランティア団体が進める、何度も利用できる食器の導入などに年間約1500万円がかかっており、資金の一部を活用する。

 1口5千円から10万円。問い合わせは連合会、電話075(741)7211。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.