天気予報を見る
 
新聞購読申込

元五輪選手と会場を船巡り/金メダル持ち記念撮影も

2018/02/22 14:28

 ツアーの船内で、金メダルを持たせてもらい、岩崎恭子さん(右)と記念撮影する参加客
 ツアーの船内で、金メダルを持たせてもらい、岩崎恭子さん(右)と記念撮影する参加客

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場予定地を、元五輪選手と船で巡るツアーが開催されている。建設が進む様子を見ながら船内で五輪の体験談を聞き、交流も楽しめる。

 2月に行われた一般向けツアーの講師は、バルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さん。14歳での快挙達成の裏話や、東京大会への思いを聞きながら、日の出桟橋(東京都港区)を出発した船は晴海(同中央区)の選手村予定地近くを通過。その後は競技会場が集まる有明(同江東区)、台場(同港区)付近を回る。

 途中で岩崎さんと記念撮影ができ、金メダルを持たせてもらえる。クルーズは約1時間。40代の女性は「みんなで五輪をつくり上げていく意識を学んだ。自分も関われることを、これから探したい」と話す。

 ツアーはもともと20年に向けての近畿日本ツーリストの学校向け教育旅行プログラムとして、昨年5月に始まった。岩崎さんら五輪・パラリンピック経験者が講師を務め、これまで中学を中心に宮城や兵庫などから7校、約1200人が参加。生徒から好評を得て、今年もすでに4校が決まっている。

 一般向けのツアーはクラブツーリズムが販売し、2月に続いて3月7日に2回目を実施予定。船上ツアーの後、築地市場での食事なども含み8980円。両ツアーの担当者は「五輪・パラリンピックを身近に感じてもらい、東京大会への機運を高めたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.