天気予報を見る
 
新聞購読申込

北海道に観光列車導入を/国、JRの線路開放検討

2018/02/20 20:51

 国土交通省は20日、JR北海道の管内で、同社以外の鉄道会社などが観光列車を運行できる仕組みを検討すると明らかにした。線路を開放するJR北海道には線路使用料が入るメリットがあり、同社の経営再建を後押しする狙い。2019年度の運行開始を目指す。

 国内では、JR九州が「ななつ星in九州」、JR東日本が「トランスイート四季島」などの豪華寝台列車を運行し、人気となっている。北海道でも同様の観光列車を走らせることで、観光客や鉄道需要の増加につながると期待している。

 運行会社は公募で選ぶ方針で、国内の鉄道各社などのほか、海外企業からの応募も想定している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.