天気予報を見る
 
新聞購読申込

秋田・横手で「かまくら」撮影会/ほのかな光、照らす雪景色

2018/02/14 19:12

 明かりがともったかまくらで火鉢を囲む子どもたち=14日午後、秋田県横手市
 明かりがともったかまくらで火鉢を囲む子どもたち=14日午後、秋田県横手市

 秋田県横手市で約450年続く冬の伝統行事「かまくら」が行われるのを前に14日、撮影会が開かれ、ろうそくのほのかな明かりが雪景色を照らし、訪れた人たちを魅了した。

 かまくらは高さ約3メートルで大人4、5人が入れるほどの広さ。はんてん姿の地元の子どもたちが火鉢を囲んで餅を焼く姿を、詰めかけた観光客が撮影していた。

 東京都葛飾区から夫婦で訪れた無職塚平洋仁さんは「都会にはない日本の原風景を見られた。また来たい」と笑顔で話した。

 かまくらは水神を祭る行事で毎年2月15、16日に開催。市内に約100基のかまくらが設置され、市観光協会によると例年約30万人が訪れる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.