天気予報を見る
 
新聞購読申込

教員採用者、17年ぶりに減少/公立、競争率は横ばい5・2倍

2018/02/07 17:33

 都道府県と政令市の教育委員会などが2016年度に実施した小中高校、特別支援学校など公立学校の教員採用試験で、採用者数が前年度から511人減の3万1961人となり、17年ぶりに減少したことが7日、文部科学省の調査で分かった。競争率の全国平均は前年度と同じ5・2倍だった。

 小学校は320人増の1万5019人だったが、中学校は526人減の7751人、高校は281人減の4827人となり、全体では減少となった。教員の採用者数は団塊世代の大量退職に伴い増加傾向が続いており、文科省の担当者は「中高での減少理由は分からないが、一時的なものではないか」と分析している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.