天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都で舞妓さん「福は内」/花街では仮装でもてなし

2018/02/02 18:11

 京都市の八坂神社で始まった節分祭で、華やかな着物姿の舞妓らが1年の無病息災を祈り、豆の入った小袋をまいた=2日午後
 京都市の八坂神社で始まった節分祭で、華やかな着物姿の舞妓らが1年の無病息災を祈り、豆の入った小袋をまいた=2日午後

 京都市東山区の八坂神社で2日、節分祭が始まり、着物姿の舞妓らが1年の無病息災を祈って「福は内」と豆をまいた。勢いよく飛び交う小袋をつかもうと、大勢の参拝客が手を伸ばし、境内は熱気に包まれた。

 京都五花街の先斗町と宮川町の舞妓らがそれぞれ舞を奉納後、年男・年女の氏子と豆をまいた。3日は祇園甲部と祇園東の舞妓らも行う。

 花街では節分に芸妓が仮装し、特別な出し物などで客をもてなす風習があり、東山区の「八木源かづら」では午前中から芸妓らのかつらや衣装の準備に追われた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.