天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

JR境線の「鬼太郎列車」新装/鳥取・米子駅で運行スタート

2018/01/20 16:41

 新装された列車内で、天井のイラストを見上げる乗客=20日、鳥取県米子市のJR米子駅
 新装された列車内で、天井のイラストを見上げる乗客=20日、鳥取県米子市のJR米子駅

 漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪を描いたJR境線(鳥取県)の「鬼太郎列車」のうち、2両のデザインが新しくなった。米子駅で20日運行を始め、鉄道ファンや家族連れら約150人が一番列車にカメラを向け、楽しんだ。終着駅は、鬼太郎の生みの親、故水木しげるさんの出身地境港。

 列車は2両編成で、新装した車両は「こなきじじい」と「砂かけばばあ」が主役。「目玉おやじ」や「ねこ娘」らも加わり、車体や天井、座席をにぎやかに飾った。背もたれに描かれた妖怪が、乗客の肩や手に乗っているように写真が撮れる座席もある。

 鬼太郎列車に使う車両は計6両あり、残る4両は7月までに改装する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.