天気予報を見る
 
新聞購読申込

山口・下関で新春のフグの初競り/南風泊市場、昨年より安値

2018/01/04 08:46

 「袋競り」で競り落とされるフグ=4日未明、山口県下関市の南風泊市場
 「袋競り」で競り落とされるフグ=4日未明、山口県下関市の南風泊市場

 フグの取扱量日本一で知られる山口県下関市の南風泊市場で4日未明、新春恒例のフグの初競りがあり、天然トラフグや養殖のフグ計14・2トンが競り落とされた。最高値は1キロ当たり1万3千円で、昨年より5千円安かった。

 午前3時25分ごろ、始まりを告げるベルが鳴り、競り人の「ええか、1パイはどうか」という威勢の良い掛け声が響き渡った。仲買人が黒い袋の中で競り人の指を握って値段を決める独特の「袋競り」で次々と値段が決まった。フグは関東や関西方面へ出荷される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.