天気予報を見る
 
新聞購読申込

最高齢レッサーパンダ死ぬ/秋吉台サファリランド

2018/01/02 19:58

 国内最高齢の23歳で死んだ雄のレッサーパンダ「バウバウ」(秋吉台自然動物公園サファリランド提供)
 国内最高齢の23歳で死んだ雄のレッサーパンダ「バウバウ」(秋吉台自然動物公園サファリランド提供)

 山口県美祢市の秋吉台自然動物公園サファリランドは2日、国内最高齢の雄のレッサーパンダ「バウバウ」が同日死んだと発表した。23歳だった。同園によると、人間なら約100歳に当たる。

 飼育員が2日午前9時半ごろ、獣舎の中で横たわっているのを見つけた。死因は老衰。

 バウバウは1994年に岡山市の池田動物園で誕生。95年にサファリランドに移り、2016年5月に国内最高齢となった。

 池辺祐介園長は「長い間活躍してくれ、本当にありがとうという気持ちでいっぱい」とのコメントを出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.