天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

美容医療、解約可能に/トラブル多発で法改正

2017/12/07 19:09

 脱毛やしわ取りなどの美容医療について、脱毛サロンやエステだけでなく、医療機関もクーリングオフの対象になった。国民生活センターによると、これまでは解約に応じないクリニックも多く、消費者からの相談も多い。センターの担当者は7日、「今後は解約に応じないと違法になる。医師だからと安易に信じず、おかしいと思ったら解約を」と呼び掛けた。

 改正特定商取引法が1日に施行され、医療機関もクーリングオフの適用対象になった。契約から8日以内なら無条件で解約できる。対象となる契約は、期間が1カ月以上、5万円以上の五つの施術で、短期の施術は対象外。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.