天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

被災地仙台で世界防災フォーラム/初めての開催

2017/11/25 17:42

 世界防災フォーラムが開幕し、活動報告する福島県立福島高校の生徒=25日午後、仙台市
 世界防災フォーラムが開幕し、活動報告する福島県立福島高校の生徒=25日午後、仙台市

 国内外の防災の専門家らが集まり、研究成果や先進的な取り組みを共有する初めての「世界防災フォーラム」が25日、仙台市で始まった。東日本大震災の被災地であり、2015年には国際的な行動指針「仙台防災枠組」が採択された仙台から知見を発信しようと、市や東北大などが企画した。28日まで。

 40を超える国・地域の研究機関や民間企業などから、900人以上が参加予定。今後も隔年で開催する。

 25日は、大震災被災地の高校生らが防災の取り組みを発表した。岩手県立大槌高校は、大槌町内を定点観測し、写真で復興の歩みを記録する活動を紹介する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.