天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

被災3県の獅子舞、一堂に/復興や伝承の苦労も紹介

2017/11/11 19:44

披露された宮城県石巻市の「渡波獅子風流」=11日午後、仙台市若林区
披露された宮城県石巻市の「渡波獅子風流」=11日午後、仙台市若林区

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県で郷土芸能「獅子舞」を実演する7団体が11日、仙台市内で一堂に会し、勇壮に、時にユーモラスにそれぞれの踊りを披露した。

 参加したのは、岩手県大槌町の「大槌城山虎舞」、同県大船渡市の「迎山流永浜鹿踊り」、宮城県石巻市の「渡波獅子風流」、同県女川町の「女川の獅子振り」、仙台市の「福岡の鹿踊・剣舞」、福島県浪江町の「請戸の神楽」、同県いわき市の「小名浜岡小名のささら」の保存、伝承に取り組む各団体。

 各芸能が立ち直ってきた経過も紹介されたが、被災地から離れる住民も多く、郷土芸能の継承には悩みもあるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.