天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

保育所、申し込み断念が4割/利用待ちは推計34万人

2017/10/20 20:29

 今年4月時点で保育施設への入園希望がありながら、結果として利用できなかった親のうち、4割が諦めて申請自体をしていなかったことが野村総合研究所の調査で20日までに分かった。保育施設に入るための“保活”をしていても、実際に申し込まなければ国が定義する待機児童には含まれない。

 また、調査結果を基に全国で利用できなかった子どもを推計すると、34・6万人に上った。厚生労働省が発表した4月時点の待機児童数は2万6千人。同社の担当者は「こうした潜在的なニーズにも目を向けた上で、受け皿整備をするべきだ」と指摘している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.