天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

羽田空港、顔認証で帰国手続きも/3台先行導入、18日から運用

2017/10/13 17:21

 羽田空港に先行導入された自動化ゲートで、顔認証技術を活用して本人確認する手続きの様子=13日午後
 羽田空港に先行導入された自動化ゲートで、顔認証技術を活用して本人確認する手続きの様子=13日午後

 法務省は、出入国審査の際に、顔認証技術を活用して本人確認する自動化ゲートを羽田空港に3台先行導入し、13日に報道陣に公開した。18日から同空港の日本人の帰国手続きで運用を始める。法務省は2018年度中に、利用者の多い成田、中部、関西、福岡の4空港にも導入し、出国手続きにも運用を拡大する方針。

 20年東京五輪・パラリンピックを控え、日本人の出入国手続きを合理化し、より多くの入国審査官を外国人審査に充てて円滑化を図る狙い。

 パスポートを機械にかざしゲート内蔵のカメラが顔写真を撮影。パスポートのICチップ内の顔画像と照合してゲートが開いた。審査時間は約10秒。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.