天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

東京五輪へ、藍色の新型タクシー/「ブルーキャブ」、10月導入

2017/09/13 08:37

 東京のタクシー会社の多くが導入する新型車両(トヨタ自動車提供)
 東京のタクシー会社の多くが導入する新型車両(トヨタ自動車提供)

 2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都内のタクシー会社の多くが、車体を濃い藍色で統一したミニバンタイプの新型車を10月にも導入する。

 愛称は車体の藍色にちなんで「ブルーキャブ」。現行車よりも車内が広く、外国人旅行者やお年寄りらにも快適な移動手段として普及を図る。都内を走る約5万台のうち少なくとも1万台を新型車に置き換えることを目指す。

 トヨタ自動車製。車高は現行の「クラウンコンフォート」より高い約170センチで、足元の空間も広くゆったりしている。後部座席の床面は低めで道路との段差も小さく、人が座ったままの車いすも載せることができるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.