天気予報を見る
 
新聞購読申込

原爆犠牲者の鎮魂祈る、広島/「平和の灯」ともし

2017/07/31 21:23

 「ヒロシマ平和の灯のつどい」で「平和の灯」をともしたろうそくを手に歩くディルナズ・エレウシゾワさん(中央)ら参加者。後方は原爆ドーム=31日夕、広島・平和記念公園
 「ヒロシマ平和の灯のつどい」で「平和の灯」をともしたろうそくを手に歩くディルナズ・エレウシゾワさん(中央)ら参加者。後方は原爆ドーム=31日夕、広島・平和記念公園

 8月6日の原爆の日を前に、広島市中区の平和記念公園で31日夜、ろうそくに「平和の灯」をともし、原爆犠牲者の鎮魂を祈る「ヒロシマ平和の灯のつどい」が開かれた。

 広島市女性団体連絡会議が主催し、今年で19回目。

 旧ソ連時代に核実験場があったカザフスタンの出身で、広島県廿日市市の高校に留学しているディルナズ・エレウシゾワさん(14)が、公園の中央で燃え続ける平和の灯を採火。参加者約100人が持つろうそくに点火した後、全員で原爆慰霊碑の周りを歩いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.