天気予報を見る
 
新聞購読申込

夜空彩る5千発の花火、大阪/天神祭、船行き交う

2017/07/25 21:00

 奉納花火が夜空を彩り、最高潮を迎えた天神祭の「船渡御」=25日夜、大阪市
 奉納花火が夜空を彩り、最高潮を迎えた天神祭の「船渡御」=25日夜、大阪市

 夏の風物詩、大阪天満宮(大阪市北区)の「天神祭」は25日、市中心部を流れる大川を約100隻の船が行き交う伝統の神事「船渡御」があった。約5千発の奉納花火が夜空を彩ると、24日から行われた祭りは最高潮を迎えた。

 午後6時すぎから、かがり火やちょうちんの照らす川面を、菅原道真の御神霊を乗せた御鳳輦船やそれを迎える奉拝船などが、約1万2千人を乗せて太鼓や鐘を鳴らしながら往来。船が擦れ違うと、「打ちまーしょ」の掛け声で始まる独特の「大阪締め」が船や岸から上がった。

 岸や橋の上には見物客がひしめき合い、お祭りムードを楽しんだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.