天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

戦時下の「地下司令部」/29日初公開、呉総監部

2017/07/17 19:24

 報道公開された日本海軍呉鎮守府地下壕の作戦室=17日午後、広島県呉市の海上自衛隊呉地方総監部
 報道公開された日本海軍呉鎮守府地下壕の作戦室=17日午後、広島県呉市の海上自衛隊呉地方総監部

 太平洋戦争時に日本海軍呉鎮守府(広島県呉市)が使用した地下壕が初めて今月29日に一般公開されるのを前に17日、報道関係者向けの視察会があった。海上自衛隊呉地方総監部によると、当時の技術の粋を集め、アーチ型の天井や厚さ約1・5メートルの壁に覆われた作戦室は、実際に各基地への作戦司令に使用された可能性があるという。

 呉地方総監部によると、地下壕は1945年4月ごろ、呉鎮守府司令部庁舎の裏手に建設された。同年7月に空襲で庁舎が焼失した後、海軍は地下壕で任務に当たっていたとされる。終戦後は倉庫として使われていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.