天気予報を見る
 
新聞購読申込

淡水魚イタセンパラ、最多8千匹/大阪・淀川、繁殖成功

2017/07/12 19:39

 淀川の調査で確認されたイタセンパラの稚魚=5月、大阪市(国交省淀川河川事務所提供)
 淀川の調査で確認されたイタセンパラの稚魚=5月、大阪市(国交省淀川河川事務所提供)

 国土交通省淀川河川事務所などは12日、大阪市内の淀川で4〜5月、国の天然記念物で、絶滅が心配される淡水魚イタセンパラの稚魚8888匹を確認したと発表した。観測を始めて以来最多で、2013年に放流した成魚が繁殖を繰り返して増えたとみられる。

 確認したのは、13年10月に500匹の成魚を放流した地点で、川岸に近く流れが穏やかな「わんど」と呼ばれる場所。14年以降、稚魚の確認は毎年500〜750匹にとどまっていた。

 関係者は「地道な外来種の駆除が成果につながったのではないか」と話している。

 イタセンパラはタナゴの仲間で、体長10センチほど。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.