天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊野速玉大社で檜扇蔵出し/14日の「扇立祭」前に

2017/07/04 11:18

 「扇立祭」を前に、蔵出しされた檜扇=4日午前、和歌山県新宮市の熊野速玉大社
 「扇立祭」を前に、蔵出しされた檜扇=4日午前、和歌山県新宮市の熊野速玉大社

 和歌山県新宮市の熊野速玉大社で4日、豊作や無病息災を願って14日に行われる「扇立祭」を前に、祭りで神前に供える檜扇7本が蔵出しされ、みこたちが丁寧にほこりをふき取った。扇を神前に立てると神が降臨し、害虫を払うと信じられている。

 檜扇はヒノキの薄板で作られ、松竹梅やシラサギなどが鮮やかに描かれている。本殿には高さ1・5m、幅1・65mの大型1本が、各社殿には高さ0・8m、幅1・3mの小型6本が飾られる。

 大社には室町時代に作られた国宝の檜扇11本が保管されているが、損傷させないよう祭りでは1964年から複製品を使っている。

 当日は午後5時半から開帳される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.