天気予報を見る
 
新聞購読申込

被爆電車でヒロシマ学ぶ/「記憶つなげたい」

2017/07/02 12:38

 被爆した路面電車に乗り、被害や復興について学ぶ参加者=2日午前、広島市
 被爆した路面電車に乗り、被害や復興について学ぶ参加者=2日午前、広島市

 原爆の被害に遭いながら、現在も運行している路面電車に乗り、被害や復興の歩みを学ぶ催しが2日、広島市で開かれた。母親と参加した同市の市立川内小4年亀岡優理さん(10)は「話を聞き当時のことを考えた。私も記憶をつなげていきたい」と話した。

 車両は1942年製で、現在の広島市中区で被爆。平和団体が主催し、家族連れなど約40人が参加した。

 広島電鉄横川駅を出発し、市内を約1時間巡り、ガイドが当時の状況を説明。参加者は原爆ドーム前で降車し、近くにある広島で被爆した作家原民喜の詩碑を訪れた。その後、民喜が自身の被爆体験をつづった小説「夏の花」の紙芝居を鑑賞した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.