天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

ビザ緩和、東北6県に拡大/中国人の観光客増狙う

2017/04/21 12:03

 岸田文雄外相は21日の記者会見で、東北3県を訪れる中国人観光客に発給してきた数次査証(ビザ)の対象を東北6県への旅行客に拡大すると発表した。中国人の訪日客を増やし、日中間の人的交流を活発化させる狙い。5月8日から受け付けを始める。

 新たな発給対象になるのは、青森と秋田、山形各県を訪れる中国人観光客。最初の来日時に3県のいずれかで1泊以上すれば、その後は同じビザで来日できる。3年間の有効期限内であれば何度でも入国できる。

 政府は2012年7月から、東日本大震災の復興支援策として岩手、宮城、福島の3県を訪れる中国人観光客に数次査証を発給してきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.