天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

高知市、土佐犬施設に運営不許可/破産手続き開始決定後も営業

2017/04/21 11:26

 運営会社が破産手続きの開始決定を受けた後も高知市の桂浜にある市有地で営業している「とさいぬパーク」の運営者の男性に対し、高知市が本年度の施設設置を許可しない通知をしていたことが21日、分かった。決定は4月14日付。

 市観光振興課によると、不許可となったのは闘犬の観覧や土産物販売を行う鉄筋2階建ての建物など2件で、市有地に立つ男性側の所有施設。昨年11月、それまで運営してきたパークサービス高知(同市)に対し、高知地裁が破産手続きの開始を決定していた。

 市有地で土産物店などが営業する場合、都市公園法に基づき公園施設設置許可を年度ごとに市に申請する必要がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.