天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

「ななつ星」併用の船旅を/両備、20年にも豪華客船

2017/03/20 15:36

 豪華客船の建造を計画する両備ホールディングスの小嶋光信会長。パネルは客船のイメージ図=岡山市
 豪華客船の建造を計画する両備ホールディングスの小嶋光信会長。パネルは客船のイメージ図=岡山市

 両備ホールディングス(HD)=岡山市=は20日、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」をデザインした水戸岡鋭治氏が設計する豪華客船の運航に関し、沖縄県を含む九州周辺ルートを検討していると明らかにした。「ななつ星」と併用した旅行需要を見込む。早ければ東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年にも運航を始めたい考えだ。

 両備HDの小嶋光信会長が共同通信の取材に答えた。ルートは時期に応じて変更し、九州周辺のほか、日本一周や瀬戸内海クルーズ、日本から韓国の釜山や済州島への運航などを計画。実現すれば、政府が目指す30年の訪日外国人6千万人にも一役買いそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.