天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

14、15年度の廃校997校/全国の公立小中高

2017/01/12 18:32

 文部科学省は12日、全国の公立小中高校などで、廃校になった学校が2014年度に477校、15年度に520校あったことを明らかにした。少子化を背景に統廃合が進んだことが主な要因という。

 両年度の合計997校の内訳は、小学校692校、中学校216校、高校66校、特別支援学校23校。都道府県別では最多が北海道の89校で、茨城51校、大阪47校などだった。

 調査を始めた02年度から15年度までの累計は6811校。毎年度、400〜600校が廃止となっている。都道府県別では、北海道が最多の688校、東京285校、岩手251校の順。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.